2017年3月22日水曜日

イメージを使ってはいけない?

大阪でのセルゲイ&ザイコフスキーセミナーは非常に面白かったのですが、
その後のザイコフスキー東京セミナーで
「インターナルフォーム」というコンセプトが登場したのは衝撃的でした。

いまや東京のシステマ界では、その話題で持ちきりです。
この「インターナルフォーム」については、
システマ各クラスで体験していただくほかありません。
ただ、見えない世界を扱うため、どうしてもイメージを使いたくなってしまいます。
しかし、ザイコフスキー師は、
「イメージを使わないでください。感覚だけを頼りにしてください」
と強く言っていました。

この発言について、一部では物議を醸しだしており、
「イメージ使わない、自分はインターナルフォームは念だと思う」とか
「意識の意だと思う」という発言も聞きました。
しかし「念」とか「意」と言った時点で、そこにはイメージが生じるわけです。

全ての言葉には、イメージが付き添っているわけで、
「イメージを使うな」というのは、つまり「言葉で説明するな」と同義になります。

だからこそ、ザイコフスキー師は、
「僕は嘘つきですから、僕の言葉を信用しないでください」
「言葉に捉われないでください。感覚を信じてください」と、
言葉を頼りにすることについては警鐘を鳴らすのだと思います。

そこには彼がロシア正教徒であることとは無縁でないと思われます。
東方正教会では、カトリック以上に偶像崇拝を禁止します。
神はイメージするものではなく、感じるものだからです。

ザイコフスキー師は、こうも言っています。
「10人ぐらいの少人数クラスでならば、言葉を一切使わないでクラスをリードするのが
ベストだが、100人ぐらいいれば、どうしても言葉を使わざるをえない」と。

10人でも言葉を使わないでリードできるのはザイコフスキー師だからでしょう。
凡人のインストクラターである私は説明する時に言葉を使わざるをえないし、
イメージを使ってもいいと思っています。

「言葉に捉われるな」というのは、「イメージを使うな」という言葉自体にも
捉われてはいけないのだと考えます。

要するに大切なのは、一定のイメージに捉われるなということだと思います。
自分の感覚を把握するために、ある種のイメージを方便として持っていたのに、
その方便が目的となり、そのイメージを追い求めるようになる。
ザイコフスキー師は、このような主客転倒を戒めているのだと思います。

また、ザイコフスキー師は愛のことも言っていました。
「愛をどんなにイメージしても分からない。これが愛だろうな、あれが愛だろうな
と妄想になるだけだ。実際に愛を感じないと分からない」と。

「愛とはこういうものである」とイメージを優先してしまうと、
目の前にある愛に気がつかないこともあります。
末娘コーディリアの愛に気がつかなかったリア王のように。

というわけで、システマ湘南でも私の説明は参考程度で、信用しないでください。
あくまでも自分の感覚を頼りにしてください。
システマ湘南では、性懲りもなくイメージで説明します。

次回のシステマ湘南は3月25日、11時から鎌倉体育館・格技室で、
上記のインターナルフォームの復習。
15時から見田記念体育館・多目的室で、大阪セミナーの復習となります。


2017年3月16日木曜日

セルゲイ&ザイコセミナー終了。スペシャルクラスやります!

大阪のセルゲイ&ザイコフスキーのセミナーが終わった後、
東京のザイコフスキーのセミナーと続き、
そのうえ、仕事も忙しくて、すっかりブログもご無沙汰してしまいました。

いろいろ書きたいことも多々あるのですが、
とりあえず、今週末は3週間ぶりのシステマ湘南があります。
セルゲイ&ザイコフスキーのセミナーのシェアしたいと思います。
場所は鎌倉武道館の柔道場で15時から17時となります。

そして、スペシャルクラス!
9日に愛知県で開かれたザイコフスキー師による「ビジネスに生かすシステマ講座」
参加した山崎さんが同講座をシェアしてくれます。シェア参加費500円。
鎌倉武道館の会議室で17時~からとなります。
去年もシェアしてくれましたが、今年はどんな内容になるのでしょうか。
ノート、筆記具を忘れずにご持参ください。

翌週、3月25日は【春の鎌倉とシステマを楽しもう】を企画しました。
東京のザイコフスキーセミナーでは「インターナルフォーム」という概念が登場。
3月以降、セルゲイ&ザイコのシェアをやってから「インターナルフォーム(IF)」
のシェアをしようとすると、IFのシェアがだいぶ先になってしまいます。
そこで「鉄は熱いうちに打て」ではありませんが、3月25日は11時~13時鎌倉体育館が
予約できましたので、「インターナルフォームの復習」をします。
食事した後(春休みだからどこも混むかな?)、15時~17時見田記念多目的室で
「セルゲイ&ザイコ・シェアその2」をしようと思っています。
(1クラス1000円、2クラスで1500円の予定)
お昼は晴れていたら、海岸まで歩いて海辺で食べませんか。

(写真は大阪セミナーでの湘南メンバーとのザイコフスキーとセルゲイとの集合写真)


【今後の日程(予定)】
3月18日 15時~17時 鎌倉武道館・柔道場(大船)
3月18日 17時~19時 鎌倉武道館・会議室(大船)=講座です!
3月25日 11時~13時 鎌倉体育館・格技室(鎌倉)
3月25日 15時~17時 見田記念体育館・多目的室(鎌倉)
4月1日 15時~17時 鎌倉武道館・柔道場(大船)
4月8日 15時~17時 見田記念体育館・多目的室(鎌倉)
4月15日 13時~15時 大船体育館・格技室(大船)
4月22日 15時~17時 見田記念体育館・多目的室(鎌倉)
4月29日 15時~17時 見田記念体育館・体育室(鎌倉)
5月6日 15時~17時 鎌倉武道館・柔道場(大船)
5月13日 15時~17時 鎌倉武道館・柔道場(大船)
5月10日 15時~17時 鎌倉武道館・柔道場(大船)

2017年3月3日金曜日

いよいよセルゲイ来日/5月までのスケジュール

いよいよ久し振りに、ロシアのシニア・インストクラター、
セルゲイ・オジョレリフ師が大阪にやってきます。
明日(3月4日)から、いよいよセミナーが始まります。

最後に来たのがいつかを調べてみたら、
2012年の10月以来で、5年ぶりとなります。

システマのインストラクターには、
軍関係者とそうではない人がいますが、
セルゲイ師はばりばりの軍関係者で、ミカエルとも一緒に
働いたことがあるそうです。
より実践性を求めるシステマ練習生にとっては、
人気の高いインストラクターです。

今回はセルゲイに加えて、インターナルの第一人者、
ヴラディミア・ザイコフスキー師も同時に来日します。
2人が揃う機会などめったにないものですから、
なんとか仕事をやりくりして(やりくりできなくても)、
大阪のセミナーに参加することにしました。

そして、システマ湘南からは7名が参加予定。
大阪に行くのは去年の4月のミカエルセミナー以来。
にぎやかなセミナーになりそうで、楽しみです。

ザイコフスキー師はその後も日本を縦断して、
セミナーを開いていきます。
去年、モスクワで新しい呼吸法「第二の呼吸」が伝わってきましたが、
今回はザイコフスキー師から直接、習える機会です。
東京セミナー(3月10日~11日)も、まだまだ募集していますので、
ご興味のある方は是非、参加してください。
以下のシステマジャパンのページから申し込めます。
http://www.systemajapan.jp/

ところで、5月までのシステマ湘南の日程が決まりましたので、
よろしくお願いします。
基本的に15時から17時までとなります。

3月18日、鎌倉武道館・柔道場
3月25日、見田記念体育館・多目的室
4月1日、鎌倉武道館・柔道場
4月8日、見田記念体育館・多目的室
4月15日、大船体育館・格技室(この日は13時~15時)
4月22日、見田記念体育館・多目的室
4月29日、見田記念体育館・体育室
5月6日、鎌倉武道館・柔道場
5月13日、鎌倉武道館・柔道場
5月20日、鎌倉武道館・柔道場
5月27日、見田記念体育館・多目的室




2017年2月16日木曜日

システマ湘南、100回目のワークはシステマ式・壁ドン!

先週の土曜日(2017年2月11日)、
システマ湘南の練習がおかげさまで100回目を迎えました。

これもいつも参加してくださっている皆さまのおかげです。
どうもありがとうございます。

2014年1月から隔週で始めて、その後、ほぼ毎週となり、
足かけ4年で100回目を迎えることができました。
練習日が週2回であれば1年、週3回であれば8カ月ほどで達成できるわけですが、
サラリーマンをしながらリードするというのは、週1回でも大変でした。

会社に勤める一方で、週2回も3回も練習日を設けている他グループの
インストラクターの方々は、本当にすごいというか、尊敬してしまいます。

下は練習後に100回記念で集合写真を撮りました。
写真は私をのぞくと14名ですが、この日は15名の方が参加してくださいました。
本当に感謝しております。


ところで、記念すべき100回目のワークはクオン師セミナーの復習第4回目。
いろいろとやったのですが、面白いところでは「システマ式 壁ドン」。
普通、「壁ドン」というと、男子が壁に手をついて、女子を追いつめる格好ですよね。
もちろん、システマではそんなことはしません。

これもクオン師のセミナーの時にやったワークなのですが、
1)パートナー(A)が背中を壁につけて立つ。
2)ワークを行う側(B)は、Aの胸に「ドンッ」とストライクを打つが、
Aの胸ではなく、壁を打つようにして打つ。
3)Bのストライクが上手くいくと、壁が振動する(Aには痛みはない)。

うまくストライクが通ると、自分でも分かるのですが……。
鎌倉武道館の柔道場の壁は、裏側がすぐにコンクリ―トらしく、
上手く振動させるのが、セミナーの時よりも難しかったです。

もう一つ、壁を使ったワークを行ないました。
1)ストライクを打つ側(B)は壁に背をつけて立つ。
2)パートナー(A)がBに向かって歩いてくる。
3)AはBにストライクを打つ。

これはBが背中を壁につけているところがミソで、
ストライクを遅いと、Aに押されて壁に背中が付いてしまいます。
また、ストライクが早すぎると壁から上半身が離れてしまう。
ひねってストライクを打つと、片側の肩が壁に当たってしまう。

正しい間合いで、ただ拳(こぶし)を前に出すだけという
システマのストライクを打ているかどうかが、よくチェックできるワークです。
クオン師のセミナーでやって、いいワークだと思ったのですが、
システマ湘南でも非常に好評でした。

さて、次回2月18日の土曜日がクオン師のセミナーのシェアの最後です。
ナイフワークを行います。
大船体育館で15時からですので、よろしくお願い申し上げます。

2017年2月10日金曜日

「テンションについて」(クオンの言葉4)

システマ仲間から「クオンの言葉」の書き込みについて好評をいただいております。

とにかく、飲み会の席だったので覚えてないこともあるのですが、
もう一つ思い出したので、追加で書くことにしました。

今回のセミナーでは、みなさん、いろいろと印象に残ったことがあると思います。
個人的にはクオンが、ワークの最中によく、
「自分のテンションを見てください」「相手のテンションを感じてください」と
言っていたのが、大変印象に残っています。

システマのワークでよく行なわれる自重を使うマッサージにしても、
何気なく、パートナーと喋りながら行ってしまうものです。
クオンはちゃんと、「相手のテンション」や「自分のテンション」を感じることの
重要性を強調していました。

このマッサージをする時に「痛いですか」と聞いてしまうのですが、
聞くのではなくて、相手の様子や呼吸を見ながら、
判断していくことが大事だというわけです。

システマでは、よく「相手のテンションにストライクを打つ」とか、
「相手のテンションにアプローチして崩す」と言ったことが言われるのですが、
これがなかなか分かりにくいものです。

飲み会でクオンはこんなことを行っていたのですね。

「自分はまだまだブラッドのようにはテンションは抜けない。
でも、いつも自分の体のどこにテンションがあるのか、
常にテンションを抜くように意識していました。
そうすると、自分のテンションは完全に抜けないまでも、
徐々に相手のテンションが分かるようになってきました」

今回のセミナーのテーマのひとつが、
「フィジカルとインターナルとの橋渡し」でした。
それに特化したワークは行われたわけではなかったのですが、
このクオンの言葉に、「橋渡し」の一つのヒントがあるような気がしています。


「デモで何を参考にしているのか」(クオンの言葉3)

これまで2回のクオンの言葉は、私がインタビューで聞いたもので、
日本人のシステマ修行者に伝えたいこという質問の答えでした。

実は、このインタビューはクオン師の時間の都合で、
懇親会の席で行われたものでした。
なかなか騒がしてくて大変だったのですが、
他の参加者がこんな質問をしました。

(他の人が聞いていたので、自分はメモを取っていません。
前回2回分はメモありですが、以下は記憶です)

「クオンはブラッドのセミナーによく参加していますが、
ブラッドのセミナーのどんなところが参考になりますか」

それに対するクオンの答えは、
「ブラッドのセミナーで行われるドリルそのものは、
私にとって新しいものがあるわけではありませんから、
そんなに参考にはなりません。
私が一番参考にしているのは、ブラッドのデモです」

こう聞くと、私のような者は、
やっぱりデモの動きを参考にしているのかと
思ってしまうわけですが、

「デモで参考にしているのは、ブラッドの動きではありません。
ブラッドがどんな動きをしているかではなく、
私が参考にしているのは、ブラッドの視線なのです。
ブラッドがデモの中で、何を見ているかなのです」

「そして、私が生徒たちの前でデモをする時には、
できるだけブラッドの視線で行うようにします。
ブラッドが見ていたものを、私も見ようとして、
デモをするのです。
ですから、ブラッドのデモが一番参考になります」

これって会社の中でも同じですよね。
上司から言われた個々の内容ではなくて、
上司が何を見ているのか意識するほうがよほど重要です。

そういうことって、よくビジネスの世界では
言われるのですが、デモに関しては思っていませんでした。
ミカエルやブラッドが何を見ているのか、
それを意識してデモを見ることは難しいかもしれませんが、
確かに、それを意識することは、細かい動きに注目することよりも、
大事なことかもしれませんね。

2017年2月9日木曜日

インストクラターへの苦言(クオン師の言葉2)

クオン師のインタビューでは、日本人の熱心さを褒める一方で、
一方向性だけに行ってしまいがちな日本人に対しての
苦言も含まれていました。

「ミカエルを理解するために、いろいろなシステマを見てほしい」と。

引き続いて、こんなことを言っていました。

「システマの動きは、完璧で動きとしては理想形です。
完璧性があるから、動きの中では常に継続性があって、とどこおりがありません。
しかし、システマの動きは完璧であっても、人間は完璧になれません。
ですから、システマを学ぼうとして、大きなサークルの中の一部を取り出して、
それをトリガー(きっかけ)にして理解していこうとする人が多いです。
ところが、小さな部品を取り出して学んでも、その部品を一つにまとめたものが、
完璧なものになるかというと、そうではありません。
全体を網羅する学び方をしないと、大事なことは分かりません」

「インストラクターは何かを生徒に教え、何かの情報を生徒に伝えます。
しかし、マスター(たぶんブラッドのことだと思う)が言うには、
往々にしてインストクラターは自分の弱さを生徒に伝えてしまう。
現状では、そうしたインストラクターが多いのです」

ここでクオン師の言う「弱さ」という表現が分かりにくいのですが、
この弱さとは何かと聞いたら、精神的なもの、肉体的なものも含むそうです。
たとえば、自分の好きなワークだけを教えてしまう。
たぶん、そうしたことも弱さだと言っているのだと思います。
「弱さ」を教えてしまうという指摘は非常に考えさせられました。

「自分では気づいていない弱さまで生徒に教えてしまうことも多いのです」
では、どうしたらいいのか。

「(全体を網羅するためにも、弱さを伝えないためにも)
システマのソース(源流)に触れる必要があります。
定期的にマスターであるミカエルやブラッドの元に行く必要があるのです」

これも以前、大阪のインストラクターの大西さんから、
「インストラクターにやるんやったら、毎年、ミカエルかブラッド、
どちらかに直接会いに行かなければならない。
今、マスターが何をしているのか、直接見てこない人間に、
インストラクターをやる資格はないだろう」
と言われたことがあって、その発言を思い出しました。