2016年12月31日土曜日

2016年もありがとうございました

今年のシステマ湘南に参加してくださった方々、
ありがとうございました。

2016年のシステマ湘南は全部で41回行いました。
開始した2014年からの延べだと95回となります。

参加者は平均11人を超えました。
いつも拙いリードで、システマの魅力をどこまで伝えられているのか
わかりませんが、多くの方々が参加してくださって感謝しています。

来年も日本におけるシステマはイベントがギッシリです。
前半だけでも、
1月にはロスのインストラクターの三谷セミナーと、
シアトルのインストラクターのクオン・リーのセミナー、
3月はモスクワのセルゲイとザイコフスキーのセミナー、
5月にはモスクワのダニイルのセミナー。

システマ湘南でもできるだけ、
これらのセミナーをフォローしていきたいと思っています。

2016年の後半は、仕事が忙しくて、
なかなかブログが更新できませんでしたが、
2017年も時々のぞいてみてください。


来年もよろしくお願い申し上げます。

2016年12月9日金曜日

システマって「発見」の面白さがある

なんやかんやで仕事が忙しくて、
ブログがちっとも更新できませんでした。

システマ湘南では、ヴラディミア(ブラッド)セミナーの復習を続けていますが、
先日、参加してくださったOさんは、いろんなクラスに顔を出しています。
同じように、セミナーの復習をしていても、インストラクターの切り口の違いや、
参加者の違いなどで、だいぶ趣きが異なっているということでした。

よくインストラクターの数だけシステマがあると言われていますが、
その通りなんですよね。
システマは型もなければ、「こうでなければならない」というルールもない。
四大原則、「呼吸する」「姿勢を保つ」「リラックス」「動き続ける」さえ、
守れば、あとは何をやってもいいことになっています。

ただ、これだけ海外に広がっていくと、
目指すところはインストラクターによって違うのでしょうが、
いろんな国のデモンストレーションを見ていると、
「確かにシステマだなよな」と思えるのが不思議です。
(特にミカエル系に関しては)

武道のように帯の階級があるわけでもないし、
格闘技のように試合があるわけでもありません。
だから、何を目指すかは人それぞれで、
その分、達成感は得にくいかもしれません。

技を覚えるというわけでもありませんので、
続けていて特にテクニックが上達するわけでもない。
(個人的にいろいろと研究していけばテクニックは学べないことはありませんが)
だから、護身のテクニックが学びたければ、
人によっては、他のことをやったほうがいいかもしれないと思います。

それでも私が何で足かけ8年、もうすぐ9年になりますが、
何でやっているのかというと、自分の身体への「発見」があるからでしょう。
みんなでワイワイとやっているうちに「発見」がある。
参加者も何か「発見」していく。
それが面白いんですね。

あと中国武術や合気道をやっていた経験からいうと、
システマのほうが、より日常生活にフィードバックできる点が多いと思っています。
よくストレス発散のためにスポーツをする人がいますが、
もちろんシステマもストレス発散にはなりますが、
むしろ、ストレスを感じない身体を作っていくような気がしています。

特にストレスが大きい仕事やギリギリのところで丁々発止をしているような
仕事をしている人は、システマは役に立つと思っているし、
システマ湘南に参加してくだっている方々もそうであってほしいと思っています。

2月以降の予定も一部決まりました。
2月4日、鎌倉武道館・柔道場
2月11日、鎌倉武道館・柔道場
2月25日、鎌倉武道館・柔道場
すべて15時からです。
12月、1月は右側のスケジュールをご覧ください。

2016年11月20日日曜日

ブラッドセミナーのおさらい始めました

11月5日、6日と行なわれたブラッドセミナーのおさらいを始めました。

19日のシステマ湘南はその第1回、初日の午前中のワークをメインにシェアしました。
セミナー後、私用があって12日はシステマ湘南をお休み。
私自身も仕事がバタバタしていて、システマ東京のクラスなどにも通えず、
2週間ぶりのシステマとなりましたが、やはり皆さんとシステマをするのは楽しかったです。

いつもセミナーの時は、メモを取っています。
メモには、簡単は棒人形なような図も書いておきます。
どうしても文字だけだと、イメージが分からないからです。
帰宅後、できるだけその日のうちにメモを見直して、読めない字や補足事項は
赤字を入れておきます。

このメモを清書するのが大変で、字が綺麗なほうではないので、
赤字を入れておいても、赤字が読めなかったりする(笑)。
メモの整理にワープロを使う方も多いのですが、どうしても私は絵を入れたいので、
ノートに絵を入れながら、自分の字で清書していきます。

これが結構時間がかかるのですね。
5時間のワークのメモをまとめるのに、3時間ぐらいかかります。

特にブラッドのセミナーは、ブラッドが話している内容が非常に細かいこともあって、
清書に時間がかかるのです。
トロントやモスクワに行くと、何を話しているのかよく分からないから、
実際にやったワークと、自分が気付いたことだけをメモするので、
半日分のワークのメモでも30分ぐらいで清書できてしまうのですけれど……。

トロントで知り合ったインストクラターの資格を持つ
日本人のKさん(本部で長く修行していた)に、
「ブラッドのクラスに出ると、何がいいですか。
ブラッドに相手をしてもらうと上達しますか」
とあまりにも当たり前の質問をしたら、
「ブラッドの話を聞けることが一番の勉強になる」
と答えてくれました。

日本のセミナーでは、まさにそのブラッドの話が日本語通訳で聞けるのですから、
それがいかに素晴らしいことか。
そんなことで、あれこれとメモする量も多くなるものですから、清書するのも一苦労。

そうして清書したノートの中から、システマ湘南でやるワークを選択して、
もう一度、システマ湘南用のノートに、練習日ごとにワークを書き写していっています。
実際の練習では、ノート+アルファ、その場で気づいたことでドリルを行うようにしています。

でも、それだけ細かくメモを取っても、皆さんとシェアするのは1回ぐらいなんですね。
たとえば、5時間のワークを、3時間かかってノートにまとめて、2時間のクラスで消化する。
そんな感じだったのですが、もったいないので、
やはりもう少し丁寧に、5時間のワークであれば2回ぐらいのワークに分けて
シェアしようかなと思っているこの頃です。



なお、1月までの予定が決まりましたので、
Webの右側のスケジュール欄をご参考にしてください。






2016年11月10日木曜日

これぞ軍隊格闘技、ヴラッドのセミナーは素晴らしかった

11月5日、6日のヴラッド・セミナー終了しました。
システマ湘南の参加者の方も多くの方が出席していただきました。
総勢170名と聞いていますが、圧巻のセミナーでした。
まさにロシア軍隊格闘技の神髄を見せられた気がしました。

システマ・トロント本部のマスター、ヴラデミア・ヴァシリエフ師の
セミナーは是非、みなさんにも受けてもらいたかったです。
直接、ヴラッドの手に触れる機会がなくても、
充分に感じられるところはあったと考えます。

今回のテーマは「ストライク」ということでしたが、
もっとバンバンと、ストライクを打ち合うのかと思ったのですが、
まずはストライクの受け方から始まりました。

やはり、その辺のヴラッドのセミナーの構成の仕方は、
さすがの一言につきます。

2日間ともストライク→ナイフワークという構成で、
非常に楽しめました。

特に今回は「相手を見つける」ということにも主眼を置かれていて、
モスクワでは結構言われることなのですが、ヴラッドがこうしたサジェスチョンを
したことは新鮮でした。
「相手を見つける」ことのワークの構成も、「なるほど」と分かりやすいものでした。

システマ湘南では11月12日は1回お休みして自主練としますが、
19日、26日とヴラッドセミナーの復習をする予定です。
ご興味のある方はご参加をお待ち申し上げます。
100倍ぐらい希釈されたヴラッドを感じとられていただければと考えています。

それにしてもヴラッドの〝カッコよさ〟はハンパありません。
海外インストラクターによるシステマのセミナーは決して安いとは言えません。
しかし、それでも約5時間で20000円ですから、
他の武道で海外から師範クラスを呼ぶのと大差ないと思います。
来年12月もヴラッドは来日するそうなので、
まだ実物のヴラッドを見たことのない人は是非、今からお金を貯めて、
来年の参加に向けて準備してほしいと思っています。
(無理はしないで結構ですが、本物のシステマを感じ取ってほしいのです)



11月12日は自主練にします&2017年1月までの予定

このブログの右側にいつもスケジュールを発表しています。
変更があります。
すでに常連の会員さんにはメールでお伝えしていますが、
11月12日のシステマ湘南は自主練にします。

私が身内の件で、その時間帯にリードできなくなりました。
鎌倉武道館の柔道場については、会場費はすでに支払っていますので、
お時間のある方たちで、自主練をしていただければと思います。

従いまして、11月については、
システマ湘南でインストクターの私がリードするのは、
19日と27日の2日間ということになります。

みなさまには、ご迷惑をおかけしますが、
ご寛容ほどお願い申し上げます。

1月までの予定が決まりました。
よろしくお願い申し上げます。

11月12日、鎌倉武道館・柔道場(自主練)
11月19日、大船体育館・格技室
11月26日、見田記念館・体育室
12月3日、大船体育館・格技室
12月10日、鎌倉武道館・柔道場
12月17日、大船体育館・格技室
12月24日、鎌倉武道館・柔道場
1月 7日、鎌倉武道館・柔道場
1月21日、大船体育館・格技室
1月28日、鎌倉武道館・剣道場

2016年10月27日木曜日

「大人の遊び」&クワン・セミナーのお知らせ

2週間近く更新ししてませんでしたが、
システマ湘南では10月15日と22日に、
ナイトワーク、クラウド(crowd)ワークをやりました。

こうしたワークは、システマ東京の合宿などではやりますが、
他のシステマのサークルではあまりやっていないと思います。
条件として、場所の広さとある程度の人数が必要なことがあります。

手前味噌ですが、システマ湘南が使用している鎌倉武道館や体育館は、
広くて環境がいいため、スティックやシャシュカなども自由に使えます。
ですから、1年を通していろんなメニューをやっているのですが、
もっと格闘技的な体術、または体の動きを究めたいという人には不満かもしれません。

ただ、私自身はシステマのどこに惹かれているかというと、
「遊び」的な要素なんですね。
いろんなワークもみなさんに提示して、システマの様々な魅力に触れてもらたいのです。

ナイトワークは目隠してやりあう、クラウドワークは群れと群れで戦う、
あとは夏のビーチ・システマなんかにしても、
勝ち負けがあるわけではなくて、単純に楽しいという思いの中で、
自分の心や体の可能性を発見してもらえればと思っています。

「遊び」ですから、そこには全く何の生産性もありません。
でも「楽しい」ということはとても大事だと思っています。
というわけで、これからもシステマ湘南では「大人の遊び」を追求していきます。

ところで、1月13日から15日までシステマ・シアトルのインストクラター、
クワン・リーが来日します。
来日は3回目、前回2回はブラッドの推薦でシステマ・ジャパンが主催しましたが、
今回はシステマ・シアトルが自ら主催します。

クワンは最後の来日が2009年か2008年だと思います。
私もまだクワンのセミナーは受けたことがないのですが、
多くの日本人の「クワンに来てほしい」という声がシアトルに届いて実現しました。

以下がクワンの動画になります。2013年のアムステルダムのセミナーです。
「YouTube」で調べれば結構クワンの動画は出てきます。
結構、きつそうですよね。来日時の「きついセミナー」はいまだに伝説になっています。



受け付けは直接、システマ・シアトルのページからとなります。
http://balancedpath.co/street-tough-tokyo

是非、この機会にお時間が合えば、セミナーに参加されるといいと思います。
参加費はPayPal払いとなります。
もし分からないことがあれば、私に問い合わせしてくだされば分かる範囲でお応えします。

2016年10月10日月曜日

「第二の呼吸」で好転反応&12月までの予定

10月8日の第85回システマ湘南は、
モスクワ帰りのYさんによるシェアクラスでした。

事前に告知していたように、
この日は、ミカエルが機を熟するのを待って、
今年の夏から公開し始めた「第二の呼吸法」を皆で学びました。

府中からIit(インストクラター研究生)のIさん、
そして新Iitになったばかりの女性のKさんもわざわざ東京から駆けつけてくれて、
参加者は11名。非常に充実したクラスになりました。
Iさん、Kさん、それに参加してくださったみなさん、ありがとうございました。

前回のブログにも書きましたが、
呼吸を先導させるのではなく、体の動きに任せて、
体と呼吸が連動するようにする、というものです。

第二呼吸は従来の呼吸法とも違い、
また私たちが日常行っている呼吸とも違うため、
体が変化していくにつれ「好転反応」が起きるため、
体調を壊す人も多いとか。
現にモスクワのセミナーでは少なからぬ人が体調を壊したそうです。

今回、新しくIit(インストラクター研修生)に認定されたKさんも
体調を壊した一人で、全日程のクラスに参加できなかったため、
その欠けている部分を穴埋めするためにも、
全参加のYさんのシェアクラスを覗きに来てくれたそうです。

この呼吸法は、口から喉、肺にかけて気道を確保するために、
呼吸法が正しく身につくまでは、口をやや開けっ放しにします。
従って、喉をやられる可能性もあります。
ですから、好転反応ばかりではなく、
そのために体調を壊す人も多いのではないかと思います。

私もこのところ喉がやや痛く、この呼吸法を始めてから体が熱っぽいです。
この呼吸法は「普段使い」が非常にいいため、
私も毎日「第二の呼吸」を使うようにしていますが、
これからの季節、マスクがあったほうが絶対にいいです。
みなさんも無理をなさらず、体調管理には十分気を付けてください。

12月までの場所取りが決定しましたので、お知らせします。
時間はいずれも土曜日、15時から17時となります。

10月15日、鎌倉武道館・柔道場(最寄り大船駅)
10月22日、鎌倉武道館・柔道場(同・大船駅)
10月29日、鎌倉武道館・柔道場(同・大船駅)
11月12日、鎌倉武道館・柔道場(同・大船駅)
11月19日、大船体育館・格技室(同・大船駅)
11月26日、見田記念館、体育室(同・鎌倉駅)
12月3日、大船体育館・格技室(同・大船駅)
12月10日、鎌倉武道館・柔道場(同・大船駅)
12月17日、大船体育館・格技室(同・大船駅)
12月24日、鎌倉武道館・柔道場(同・大船駅)